「おなかが張って気分が悪い・・・」「なんだか最近調子が悪い・・・」
お通じの悩みは、生活にもお肌にも関わってくるので、切実です。
 
おなかの中からキレイに元気♪
「腸内フローラを整える!!」
 
お通じを良くする一番の改善策は、善玉菌を増やして悪玉菌を減らすこと
そして、ストレスを緩和すること。
ここでは、善玉菌を増やして悪玉菌を減らすこと=「腸内フローラ」を整えてあげることについてお伝えします。
 
腸内フローラって何?」
お腹の中の腸内細菌がまるでお花畑のように見える事から名づけられたものです。この「腸内フローラ」の細菌のバランスが乱れると、腸内の有害物質が体内をめぐり、様々な生活習慣病や肌荒れ、肩こり、老化などの原因(=腸もれ)になるといわれています!この「腸内フローラ」を理想的な環境にしてくれるのが 「酢」「食物繊維」です!!




小腸の壁に炎症が起きて腸の壁に隙間ができて、毒素や腸内細菌などが血管にもれ出てしまう現象のこと。この腸漏れになると、血管に入った毒素や腸内細菌が様々な場所で炎症を起こし、身体の不調や食物アレルギー、喘息、糖尿病、脳梗塞、敗血症など様々な病の原因となります。
腸漏れは様々な病気を引き起こす原因となるとても怖い症状です。


 

 

善玉菌を増やして悪玉菌を減らす=「腸内フローラ」を整えるには
どのような食事を摂れば良いの?

 

 
1.ヨーグルトなどの発酵乳製品
  



善玉菌の代表格の乳酸菌を補うことで、もともと腸内に存在している善玉菌が好む環境に整え、結果的に善玉菌を増やすことに繋がる。
【乳酸菌を多く含む食べ物・食品】
ヨーグルト・チーズ・納豆・味噌・漬け物・キムチなど。
発酵食品に乳酸菌が豊富に含まれています。


2.豆、バナナ、牛乳などオリゴ糖が豊富な食品



オリゴ糖は体内でビフィズス菌をはじめとする善玉菌の餌(栄養源)となり、腸内で善玉菌を増やす効果が期待できる。
オリゴ糖を多く含む食べ物・食品】 
豆・豆腐・バナナ・牛乳・ハチミツなど。


 
3.穀物、芋類、海藻など食物繊維が豊富な食品



悪玉菌の作り出す有害物質を体の外に排出してくれる食物繊維ですが、善玉菌の栄養源にもなり、善玉菌を増やしてくれる働きのある優れもの。
【食物繊維を多く含む食べ物・食品】
【水溶性】海草類やコンニャク、キノコ類など
【不溶性】穀物や芋類、豆類、干しシイタケ、切干しダイコンなどの乾物、ゴボウなど※食物繊維には「水溶性」と「不溶性」の2種類あり、ストレス性の便秘の方は「不溶性」の食物繊維をとるときは柔らかく煮るなど気をつけてください。

 




贅沢ブルーベリー酢で胃腸に元気!
簡単スムージー

オリゴ糖たっぷりのバナナ&ヨーグルトに、贅沢ブルーベリー酢を混ぜて、ミキサーにかけるだけ
※贅沢ブルーベリー酢は薄めて飲むタイプなので、お好みの濃さで加減してください
 
ビルベリーは食物繊維をバランスよく含み、ハチミツは整腸作用や胃炎などの改善にも効果的です。
 
 
お手軽簡単なスムージーですが、腸漏れなどの病気の予防や、腸内環境を整えるには、もってこいのレシピですよ。
また、ごくごく飲めて美味しいので、これなら毎日続けられそうですね。
腸は体内で最大の免疫器官腸とも言われています。
腸内細菌の善玉菌を増やし腸内環境を整え、美容と健康に役立てましょう(^^)

腸もれ改善チャレンジ!!
腸もれ改善チャレンジは、朝昼夕の食事やおやつにできるだけ食物繊維たっぷりの野菜を食べ、肉料理・野菜料理にも、納豆やみそ汁にも少量の酢をかけるだけ。この習慣を長期間続けることが腸もれの予防・改善になり病気や老化の予防・改善につながります。
(いつもの食事にお酢を一滴たらすだけでもOK!食前酢を飲むのも効果的です)